ネット小説更新チェック

小説宣伝板

掲示板の記事を削除します。

妃宮 咲梗
世の中には対抗するものが必ずある。  光と闇、火と氷、天と地、善と悪、生と死etc……。  おそらくそれは、どこの世界にも存在する。  これはそんなどこか近い、しかしながら限りなく遠い世界の物語。  ある特別視された一族がいた。  それを知る者と知らない者が、同じ大地の上で生きていた。  皆、家族を持ち、愛すべき者を持ち、友を持って。  築かれる物には時間が必要だ。  だが壊れるのは瞬きするよりも刹那的で儚い――。  それが自分の身の上に起こるなどと考える者は少ない。  目の前にした時、人は初めて気付かされるのだ。  恐ろしい事実を突きつけられて果たして、正常でいられる者はどれくらいいるだろうか。  その一族の末裔は、居場所を失い長い年月を旅して生きてきた。  過去の現実から目を背けるが如く。


この記事を削除
スレッド全体を削除

パスワード:



[1]スレッド一覧へ戻る
[0]Homeへ戻る
copyright(c) dodat