AR Mobile Viewer

「魔法少女リリカルなのは 心の渇いた吸血鬼(型月さっちん×りりなの)」
(第0部)[1/1]

[次話][目次][][登録]
2018/09/30
生存報告です。

ずっと書きたかったシーンは半分程書けたのでこれを公開するまでは更に諦めきれなくなりました。頑張ります。






前書きとお詫び(だいたい0.5:9.5)

こんにちは。今まで、そこここの感想でたまに突然出現してきたデモアです。
トリップが違いますが、仕様です。変えました。何なら、今までのトリップで書いて証明しても構いません。

Arcadiaに投稿するのは初めてですが、一応、処女作ではありません。

さて、この小説は、とりあえずプロローグが長いです。
原作をそんなに知らない人でも楽しんで読める小説を書くのが僕のモットーですので、プロローグからこっていったら、どんどん長くなってしまい、プロローグが第0話になり、第0話が2〜3分割しなければいけなくなりました。
よって、リリなの世界に入るのは4スレ目になってしまいます。
前置きが長い作品に碌なもんが無いとは僕の体験談ですが、まさか自分の作品がそんなものになってしまうとは……

だって、さっちんが無理なくリリなの世界に行くにはあーするしか思いつかなかったし、志貴との……が無ければ性格やばいまま暴走するだろうし……

とりあえず、月姫をアニメでしか、又は漫画でしか見たことが無いという方も、問題なく読める作品になったと思っています。
第0話に空の境界出て来ますが、そちらの説明は全くと言っていいほど載せてません。第0話はプロローグ的存在なんで知らない人は深く考えずに読んで下さい。

当然のことながら、独自解釈、独自設定等が入ってきます。
前に感想版で「何故オリジナル要素付けたし」言われたのでここで明言しておきますが、さっちんの”アレ”は何とかなのは達と拳でバトらせようと苦心した結果です。なのは達の魔力弾を殴らせたかったんです! 非殺傷設定の魔力弾を物理的に殴る方法を何とか捻り出したんです! よくある『力技で』ってのでもよかったかもしれませんけどこの際だからと理由付けてみたんです!
と、言うわけで、そこら辺は許容してもらいたいです。別に原作設定に反してる訳ではありませんし、もうどうせなら『力技でやってる』と思って読んでもらってもかまいませんし、『だってさっちん』だもんとか『なんとなくできんじゃね?』的な感じで読んでもらっても何ら問題ありません。

あと、作者はとらハをやっておりませんしそこまで詳しくもありません。ご了承
下さい。

それと、もうひとつ。
第0話_aですが、リリなの作品クロスオーバーとは思えないほど暗いです。ダークです。
リリなのキター! 感で読もうと思う方は、第1話(又は第0話_b)からの閲覧を推奨します。多分問題ありませんし、そっからはちゃんとリリカルでマジカルなノリになる(……ハズ)ですので。



表に出すにつれて書いておかなきゃいけなかったことを書いてなかった事に気付いてしまいました。この場をもって書かせて頂きます。
実はこの作者、ネタ知識をごく自然に使用します。一度も突っ込まれなかったのでてっきり明言しているものだと……;;
以下、今までに使った情報のネタか否かを書いていきます。

・銃弾のジャイロ回転……本当です
・ATMの蛍光塗料……とある魔術の禁書目録のネタです真偽の程は知りません(待
・電流によって筋肉機能の低下……起こります
・飛び降り自殺の死亡理由……確か本当だった筈。でもどっかで聞いたことがあるって感じだからもしかしたら二次設定かも(ぉ
・狭いところで壁を力任せにぶち壊すことの出来る機械は無い……実際にはあるらしいです。しかも静かなのが。レスキューとかで使われてるらしい。上手いこと直せそうなら直そうと思います。情報提供ありがとうございます。
・剣道について……これはガチ。間違いない。始めようと思う人は覚えておくよろし。




……前書き、あったか?

[次話][目次][][登録]