AR Mobile Viewer

「クロスゲージ (『エンゲージを君と』異聞) (士郎×氷室)  【 完結 】」
(第0部)[1/1]

[次話][目次][][登録]
     【 はじめに 】


・このストーリーは、「SS投稿掲示板Arcadia」で連載されている、


  『エンゲージを君と』(Nubewo 作)

   
 に触発され、書かれたものです。

・具体的には、『エンゲージを君と』第十七話以降のストーリーを、
 Nubewo様のご了承をいただき、中村成志が《独自に》書きました。

・したがって、『エンゲージ〜』を下敷きにはしておりますが、
 今後書かれる、正編『エンゲージ〜』第十七話以降とは、ストーリー的に《全く》関係は無く、
 その文責はすべて中村にあります。

・TYPE-MOON風に言えば、第十七話から分岐した、平行世界と考えていただければよろしいかと思います。

・拙作からいきなり読み始めても、それなりに理解できるよう書くつもりですが、
 できればNubewo様作『エンゲージを君と』を読まれてから、目を通してください。

・設定は、出来る限り『エンゲージ〜』に沿ったつもりですが、一部違ったり、変更したりしたところもあります。

・一例を挙げますと、『エンゲージ〜』の魅力の一つである《魔術師としての衛宮士郎》を、描く予定はありません。
 (これは、主に中村の知識の無さによるものです)

・その他、間違い等がある場合、責任はすべて中村にあります。ご指摘ください。

・最後に、Nubewo様の手による正編『エンゲージを君と』の続編に期待し、
 併せて、このような無茶なお願いを、ご快諾いただいたNubewo様に、心よりお礼を申し上げます。

・それでは、どうぞお楽しみ下さい。


     中村成志


    --------------------------------------------------------


     【 ちょっとくだけた裏話 】


 士郎君と鐘ちゃんのイチャイチャが書きたかったからです。

 Nubewo様の作品には、
「続きはどうなるんだあ!」
と思わせる、吸引力があります。

 Fate登場人物ではセイバーに次いで氷室が好き、氷室を題材にしたSSも数本書いている私ですが、
 数ある(そんなに無いか)氷室SSの中でも、『エンゲージを君と』は、出色の出来だと思っています。

 何度も読み返し、わくわくしながら続きを待っているうちに、
「もし、自分がこの続きを書くとしたら、どうするだろう?」
という妄想にとらわれました。

 妄想で止めときゃいいんですが、書いてしまうのがSS書きの性、書いたら読んでもらいたいのがSS書きの業です。
 失礼は重々承知ながら、Nubewo様にお伺いを立てたところ、投稿を快く了承していただきました。

 Nubewo様、本当にありがとうございます。
 正編を汚さぬようがんばるとともに、正編『エンゲージを君と』十八話以降を、心待ちにしております。

 では、長い前書き(てゆーか言い訳)は、このへんで。
 どうぞ、ごゆっくり。



[次話][目次][][登録]