ネット小説更新チェック

週間ランキング
11/17 − 11/23
[ 総合 ](1 − 10件)

[][][] 0時更新!
1.無職の英雄 〜別にスキルなんか要らなかったんだが〜
女神から祝福を受けて?職業?を与えられたアレル。 しかしそれは《無職》という何のスキルも習得できない最低の職業だった。 10歳にして無能という烙印を押された彼は、悲嘆に暮れ――ることはなかった。 「別にスキルなんてなくとも、どうにかなるんじゃないか?」 才能が無ければ努力すればいいじゃない、とばかりにアレルは猛特訓に励み… 「どうやったら《無職》の貴様が、〈怪力〉スキルを持つ私と力で張り合えるようになるんだっ!?」 「めちゃくちゃ筋トレした」
ファンタジー 連載中(11話分)
by 九頭七尾 11/23更新

コメント(0) 登録(30)27up    

2.物臭勇者の代わりに魔王を倒したら手柄だけ横取りされました
【勇者】の紋章を持つ村仲間のジリュウに誘われて、アルガは選ばれし者の一員となった。そんなアルガが持つ紋章は【偽者】という何だかよくわからないものだった。  物臭のジリュウは勇者の紋章を持っているにも関わらず、戦闘は仲間に任せてばかり。魔王を倒した時も、全ての戦闘行為をアルガに任せていた。  だが、王都に戻ったジリュウは魔王を倒したのは自分だと公言し、アルガの功績を全て横取りしてしまう。  怒ったアルガはジリュウに本当のことを話すように問い詰めるが、「勇者と偽者の紋章を持つ二人、間抜けな民衆共はどっちの話を信じると思ってるんだ?」と一蹴される。  更には、アルガを王都から追放するようにジリュウが裏で手を回し、アルガは大陸から追放され、勇者を崇める信者達から命を狙われる羽目になる。  汚名を着せられ孤独になったアルガは、紋章の意味にようやく気付いた。  思い返せば、どんなに頑張っても所詮は偽者扱いで、全ての功績は勇者の紋章を持つジリュウに横取りされる日々。つまり、偽者とは【何者かの代わりになることができるが、本物の何者かになることはできない者】を示していたのだ。  大陸から追放されたアルガは、仕方がないので隣の大陸の小さな町で細々と暮らしていくことを決めた。  不遇な扱いを受けてもなんのその、それならそれで自由気ままな隠居生活を送るだけ! (タイトルを変更しました)
ファンタジー 連載中(16話分)
by  11/24更新

コメント(0) 登録(25)22up    

3.その悪役令嬢、要らないなら貰うよ。見返りはざまぁで。
| ざまぁをモブがしてはいけないという法律はありません。 モブキャラがざまぁしても良いんだと思います。ちゃんと理由さえあれば。 これはもしや!と思った方は勘違いです。回れ右してバックブラウザでこの小説の事は忘れて下さい。 転生ヒロインも転生モブもいる世界のざまぁを目指す物語です。暇な方だけ読んで頂ければと思います。あまり多くの人が読むと著者が萎縮します。本当に暇な方だけご利用下さい。 11月30日まで毎日21時更新予約済みで、その日の更新をもって本編は終了致します。著者は逃亡しますので、この場を借りて先に作品にお付き合い下さり、ありがとうございました。
恋愛 連載中(10話分)
by サイトウさん 11/23更新

コメント(0) 登録(21)19up    

4.おっさん竜師、第二の人生
大陸最強の軍事国家、その中核を担う竜騎士団に一人の竜師がいた。 彼の評価は「飼育員」「用務員さん」「汚いおっさん」だが本人は気にすることなく暮らしていた。 だがある日、彼は仕事をクビになってしまう。 そんな彼のもとに現れたのは竜産出国として交流のあった国の王女様。 「よろしければ我が国に来ていただけませんか?」 彼の竜師としての第二の人生が始まる。
ファンタジー 連載中(25話分)
by 謙虚なサークル 11/24更新

コメント(0) 登録(74)17up    

4.最弱闇印魔導士な彼女と勘違い重装騎士な彼
 パーティに一人は欲しい超人気職、盾役の最高峰、マスター・オブ・ヘビーウォーリアのジョブに就く主人公グレイは生まれ育った田舎町から都市へと出てくる際、暇になるからと魔装連車に持ち込んだ雑誌で驚愕のランキングを目にする。  人気なジョブランキングと題されたそれにはグレイの職、ヘビーウォーリアのランキングも示されており、その順位は下から数えて二番目だった。  この”就きたい”ジョブランキングを読み、自身のジョブを超絶不人気だと勘違いしたグレイはそこから勘違いに勘違いを重ね、孤高の実力者としてその顔を知られるようになっていた。  しかし、そんな周囲の評価に勘違い野郎ことグレイが気付く筈もなく、ある日、クエストボードの前で俯いている闇印魔導士の少女アーリカを目にし、以前目にしたランキング最下位のジョブに就く彼女を勝手に仲間認定し人生初のパーティを組む。  実は引く手数多の勘違い最強ヒーロー×最弱不遇職ヒロイン  勘違い野郎の冒険が始まる。
ファンタジー 連載中(17話分)
by ほるホルン 11/23更新

コメント(0) 登録(19)17up    

6.逆に、異世界から帰ってきた俺が無双する物語
異世界に転移して勇者になった森下大樹は魔王を打倒して日本に戻ってきた。 これは、現代日本でステータスやスキルを使って異世界帰りの勇者が無双する物語である。
ファンタジー 連載中(12話分)
by 白石 新 11/23更新

コメント(0) 登録(14)14up    

7.一応侯爵令嬢の転機
|  侯爵家に生まれたのに、魔力測定器が出した魔力ゼロという結果のために生誕時に生まれていないことにされたレティーシャ。ある日家を出ようと思っていたら、逆に《青の森》に置き去りにされた。  しかしすぐに保護された。 「俺の邸に来ないか」  保護を申し出た男はレティーシャに優しく笑いかけた。  魔法能力で階級が決まる世界。  魔力ゼロで家族に棄てられたと言われたが、実は特定の魔法が効かないある意味最強の魔法を保持していたレティーシャ。階級高位の《一の公爵》に保護されたり、王に興味を持たれて妃候補になったりしてしまう。
恋愛 連載中(12話分)
by 久浪 11/23更新

コメント(0) 登録(12)11up    

7.世界一位の異世界サブキャラ育成日記
|  中学も高校もろくに通わず、成人しても働かず、朝昼晩とネットゲーム。彼の人生はまさしくネトゲであった。  そんなある日、彼のアカウントが突如として削除される。「絶望」だ。今までの人生を全否定されるような出来事に、彼は自殺を試みた。  ふと気づくと、そこはネットゲームの世界の中。彼は作成したきり放置していた超絶美形のサブキャラの姿に転生していた。  世界一位の廃人が、ネトゲそのままの異世界に生まれ変わる。それはとんでもない伝説の幕開けだった。  彼の「世界一位」を取り戻す育成が、今始まる。   第一章:女騎士編  第二章:魔術学校編  第三章:奴隷編  第四章:精霊大王編  第五章:暗黒狼編  第六章:政争編  第七章:タイトル争奪編 
ファンタジー 連載中(40話分)
by 沢村治太郎(合成酵素) 11/17更新

コメント(0) 登録(41)11up    

9.悪役令嬢の姉ですがモブでいいので死にたくない
転生した先は乙女ゲームの世界、転生後の名前はジゼル伯爵令嬢。 悪役令嬢の病弱な姉、つまるところモブ。 最大の問題はこのモブが大体のルートで死んでいるところ。 死亡・没落の原因である妹を調教、もとい再教育しなければ16才でデッドエンド! モブでいいから死にたくない。 悪役令嬢大喜利ときいて(´∀`)ノ ※2017/11/19 ライラックの季節1改稿 
恋愛 連載中(15話分)
by 海倉 のく 11/21更新

コメント(0) 登録(20)10up    

9.ちょっと待って、わたし処刑される筈なんですが
「今この場をもって、お前との婚約は破棄する。 3日後の処刑は既に決定事項だ。」 婚約破棄と同時に言い渡されたのは、余命3日宣言。 もともと愛のなかった関係にも今の地位にも未練はありませんから、私は3日後大人しく処刑されてやります。 そんなルディアナのもとに大怪我を負って現れた敵国の使者。 「処刑を受け入れるつもりなら、俺と来てくれ! 我が国にはお前が必要なんだ!」 仕方がないので治癒能力で敵国を救って、母国を叩き潰すことにします。 *R15と残酷な描写は主にケガです
恋愛 連載中(2話分)
by 千種奏美 11/18更新

コメント(0) 登録(15)10up    


[][][]


[1]ランクメニュー
[0]Homeへ戻る
copyright(c) dodat


新着情報
(12:00現在)


携帯アクセス用QRコード
QRコード
Links