ネット小説更新チェック

週間ランキング
07/12 − 07/18
[ 総合 ](1 − 10件)

[][] 0時更新!
1.栽培チートで最強菜園 〜え、ただの家庭菜園ですけど?〜
冒険者に憧れていた少年・ジオ。しかし15歳になった彼が神々から与えられたのは【家庭菜園】という、冒険には役立たない謎の加護だった。仕方なく冒険者になることを諦め、父が遺した実家の庭で菜園を始めるのだが―― 「ねぇ、なんで畑に肉とか魚とか鉱石がなっているの?」 「ちょっとだけ特殊な家庭菜園だからね」 「じゃあ、あのゴーレムたちは何?」 「あれは案山子みたいなものだよ」 「どう見ても何かと戦う気でしょ!」 「いやいや、ただの家庭菜園だって」 ――気づけば堅牢な城壁と無数のゴーレムに守られる最強の菜園となっていた! 「ちなみに菜園ごと移動できるよ」 「……」
ファンタジー 連載中(25話分)
by 九頭七尾 07/18更新

コメント(0) 登録(18)12up    

2.いつでも自宅に帰れる俺は、異世界で行商人をはじめました 〜等価交換スキルで異世界通貨を日本円へ〜
「このスキルを使えば、俺めっちゃ金持ちになれるんじゃないか?」 社畜として酷使され続けた尼田士郎はブラック企業を辞め、祖母の家へと引っ越した。 引っ越し先が異世界に繋がっていることを知った士郎は、日本の物を異世界に持ち込んで商売することを思いつく。 これは等価交換スキルで異世界の通貨を日本円に替え、ふたつの世界でどんどんお金持ちになっていく心優しい男の物語。 ノベルアップ様にも投稿しています。
ファンタジー 連載中(29話分)
by 霜月緋色(ステロイド使用中) 07/14更新

コメント(0) 登録(10)6up    

3.身に覚えのない理由で婚約破棄されましたけれど、仮面の下が醜いだなんて、一体誰が言ったのかしら?
公爵令嬢は仮面の下から、目の前の男女を物凄く冷めた目で見ていた。男の方は婚約者である第一王子。卒業式という祝いの日にその婚約者から彼女は婚約破棄を突きつけられた。 曰く、容姿も中身も醜い結婚相手などいらない。子爵令嬢と結婚する。と。 王道のざまあが書いてみたかっただけの、よくあるお話です。短編で終わるはずだったのに……。 R15表示はいつも通り一応です。
恋愛 連載中(3話分)
by 猫側縁 07/18更新

コメント(0) 登録(5)5up    

4.ダンジョンが出来て3年。いきなり世界ランク1位になった俺は、会社を辞めてゆるゆると生きてます。
地球にダンジョンが生まれて3年。 総合化学メーカーの素材研究部に勤める上司に恵まれない俺は、オリンピックに向けて建設中の現場で、いきなり世界ランク1位に登録されてしまう。 あり得そうな世界であり得ない力を持たされた主人公が、世界の趨勢になるべく関わらず生きていこうとする、緩い(彼の希望)物語。 設定はハードSFなのに、主体は主人公の日常です。 なお、この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等はどんなに似ていようとも架空であり、実在のものとは関係ありません。 改稿は、誤字脱字、表現修正で、再読は不要です。
ファンタジー 連載中(86話分)
by 之 貫紀 07/15更新

コメント(0) 登録(50)4up    

5.彼女いない歴=年齢の小早川くん28歳は、若くして恋に枯れ果てている。
 とにかく地味な小早川くんは28歳。過去の恋愛では地味であることを理由に数々のトラウマを女性たちから植え付けられる。  恋に積極的になればなるほど、頑張れば頑張るほど、女性たちは彼から離れていった。  結果、彼は28歳になった現在も誰ともお付き合いをしたことがない。  そんな彼が恋を諦めて一人で生きていくことを決心し、自分が地味であることを全面的に受け入れた時、運命の歯車は動き出した。そう、恋の歯車が動き出したのだ。 ......いつの間にか、気取らなくなった性格の彼の周りには様々な美女たちが集まっていたのだ。
恋愛 連載中(10話分)
by ジェットン 07/19更新

コメント(0) 登録(3)3up    

5.ダンジョン・バスターズ 〜中年男ですが庭にダンジョンが出現したので世界を救います〜
|  東京都江戸川区鹿骨町…… 交通の便の悪いこの町で経営コンサルタントとして気楽な独身生活を過ごしていた江副和彦は、ある日自分の庭に、奇妙な穴が出現していることに気づいた。延々と続く石造りの階段を降りると、15メートル四方の奇妙な空間と扉があった。頭の中に声が響く。 〈世界律に基づき「ダンジョン・システム」を起動します〉  そして目の前に「レジェンド・カード 妖艶なるくノ一 朱音」が出現する。混乱状態の主人公に、カードから顕現した黒髪の巨乳美女は告げた。 「これから1公転間に、全世界に合計666のダンジョンが出現します。そして10公転後、世界中が魔物に埋め尽くされ、この世界は滅びます。滅亡を回避するためには、ダンジョンを討伐するしかありません」 【ダンジョン・ルール】 1. ダンジョンにはレベルも経験値もない。強さを示す「ランク」はあるが、ランクが上がって強くなることはない。魔物を倒すことで得られる「強化因子」を取り込みながら、己の肉体を鍛え続けるしかない。 2. 魔物は倒すとドロップアイテムを落とす。また一定の確率で「カード化」し、自分の仲間として戦わせることが出来る。また魔物カードは、スキル「カードガチャ」で他のカードと交換できる。 3. ダンジョン内に外部から武器は持ち込めない。持ち込んだ場合はすべてカード化される。ダンジョン内に持ち込める武器は、ダンジョンで得た武器か、カードガチャで得た武器だけである。 4. ダンジョンの強さは最低がDランク、最高がSランクである。また通常の人間の強さはFランク、世界最強クラスでもDランクである。ダンジョンを討伐するためには、人間の限界を超えるしかない。 5. ダンジョンは、地上の144倍の速度で時が流れる。地上の1時間は、ダンジョン内では6日間に相当する。  世界各国の思惑が蠢く中、40歳の中年男は滅亡を防ぐため、仲間を集めてダンジョンに立ち向かう。彼らは後にこう呼ばれた。「ダンジョン討伐者(バスターズ)」と…… ※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・国名・地名・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。 ※第一章25話分は書き終えていますので、毎日22時過ぎに投稿します。1話平均で7500文字になります。
ファンタジー 連載中(23話分)
by 篠崎冬馬 07/19更新

コメント(0) 登録(4)3up    


[][]

[1]ランクメニュー
[0]Homeへ戻る
copyright(c) dodat


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
新着情報
(17:00現在)


携帯アクセス用QRコード
QRコード
Links