ネット小説更新チェック

週間ランキング
02/11 − 02/17
[ ファンタジー ](1 − 50件)

[][] 0時更新!
1.お人好しが異世界で一旗揚げますん
コツコツとこれまで真面目に生きてきた土宮正司(つちみやただし)は、その優しい性格から損も得もしてきた。 ある日、タンスの中から異世界に落っこちてしまうも、そこは正司の好きなスキル制の世界。 ただし、スキルを得るのも上げるのもクエストをこなさねばならないという、ちょっと変わった仕様。 コツコツとクエストをこなし、多くのスキルを取得してのんびり暮らしたいと思うものの、そのクエストを受け続けると、いつの間にやら有名に? 正司は異世界で人と出会い、人の願いを叶えていく。その過程で自分のなすべきことを見つけるようになるのだが、そのなすべきこととは? 正司は異世界で一旗揚げるのか、揚げないのか。     それはもちろん、揚げま……すん。
ファンタジー 連載中(18話分)
by もぎ すず 02/17更新

コメント(0) 登録(23)21up    

2.陰の実力者になりたくて!
 子供の頃誰もがヒーローに憧れたように、少年は陰の実力者に憧れた。普段は実力を隠して平凡なモブを演じながら、日常の裏側で狂気じみた修行を続けた彼は、異世界に転生し最強の力を手にする。陰の実力者を演じる少年、勘違いする部下たち、そして蹂躙される闇の巨大組織……。これは、陰の実力者に憧れた少年が異世界の陰に君臨する……かもしれない物語。
ファンタジー 連載中(33話分)
by あかさたな 02/17更新

コメント(0) 登録(53)13up    

3.おっさんたちの戦いはこれからだ!〜勇者パーティーの初期メンバーだった商人は勇者を使い捨てた大国にブチギレました。
勇者ヴェルクトの最初の仲間、中年商人バラドは魔王軍幹部への敗北を機に勇者パーティーを離れた。 だが、勇者と商人の絆は変わらなかった。 バラドはその商才を生かし、資金や物資、装備の面から勇者を支え、魔王との決戦に送り出す。 しかし勇者は帰らなかった。 魔王を討ち果たしたものの、魔王が放った呪いで命を落としたのだという。 その筋書きに疑念を抱いたバラドは勇者最後の地である魔王城へと赴き、勇者を手にかけた犯人が勇者パーティーの最終メンバー、大国アレイスタの王子メイシンらであること、そして殺された勇者に蘇生の可能性があることを知る。 勇者を救うべく、バラドは勇者の遺体が運ばれたアレイスタの王都に向かう。 平民ずれの中年商人は、実は稀代の傑物だった。 勇者支援のために作り出した武装経済組織、マティアル勅許会社を動かしたバラドは、圧倒的な組織力、技術力、人脈力によって、腐敗した大国を追い詰め、その悪意を砕いていく。 【感想欄について】  感想欄は土曜日のみ開放します。
ファンタジー 連載中(24話分)
by necodeth 02/18更新

コメント(0) 登録(30)9up    

4.社畜勇者、仕事辞めるってよ 
「俺、勇者やめるわ」そう言い残して、俺は仲間から離れ山奥の村で隠居生活を始めた。魔王と戦う生活から離れ、俺は畑を耕し、村の人と交流し生活を豊かにしていく。やっと生活が安定し始めた頃、一人の女性が訪ねてきた。「私は魔王イスベルと言う……って貴様! 勇者!?」「魔王!?」目の前にいたのは、天敵である魔王だった。話によると、彼女も隠居しに来たらしい。それから、奇妙な俺と魔王の隠居生活が始まる。「お前は腰が入ってないな」「うるさい! 私は畑仕事などやったことがないんだ!」……出だしから不安である。
ファンタジー 連載中(14話分)
by 岸本 和葉 02/15更新

コメント(0) 登録(28)7up    

5.勇者にヒロイン達を取られ、捨てられた俺を女神様達が拾ってくれました。
恵まれて幸せな人生を送っていた少年レイ・オルロスト、彼は妹、幼馴染、婚約者の全てを異世界から来た勇者に取られてしまう。 絶望した彼は自ら命を絶とうとするがその瞬間??。 自分をどん底へと落とした勇者と元ヒロイン達を見返すため、青年となったレイが何か訳ありの神様と共に奮闘するストーリー。 よろしければブックマーク、ポイント評価お願いします。 日刊ランキングに乗ることが出来ました。 ありがとうございます!
ファンタジー 連載中(8話分)
by 三宮 琳 02/18更新

コメント(0) 登録(12)6up    

5.嘆きの亡霊は引退したい 〜最弱ハンターは英雄の夢を見る〜
「――あそこのマスターはやばいらしい」 世界各地に存在する宝物殿とそこに眠る特殊な力の宿る宝具。富と名誉、そして力。栄光を求め、危険を顧みず宝物殿を探索するトレジャーハンター達が大暴れする時代。 幼馴染達と共に積年の夢であるハンターとなったクライは、最初の探索で六人の中で唯一自分だけ何の才能も持っていないことに気付く。 しかし、それは冒険の始まりに過ぎなかった。 「もう無理。こんな危険な仕事やめたい。ゲロ吐きそう」 「おう、わかった。つまり俺達が強くなってお前の分まで戦えばいいんだな、いいハンデだ」 「安心してね、クライちゃん。ちゃんと私達が守ってあげるから」 「あ、ストップ。そこ踏むと塵一つ残さず消滅しますよ。気をつけて、リーダー?」 強すぎる幼馴染に守られ、後輩や他のハンターからは頼られ、目指すは英雄と強力な宝具。 果たしてクライは円満にハンターをやめる事ができるのか!? ※コメディ要素強め。勘違い要素有り
ファンタジー 連載中(21話分)
by 槻影 02/16更新

コメント(0) 登録(38)6up    

5.おっさん、勇者と魔王を拾う
| 冒険者ギルドを退職させられたおっさんは故郷に帰る事にする。 その道中、彼は二人の赤子を拾う。一人目は勇者の紋章を宿した人間の赤子。二人目は魔王の紋章を宿した魔族の赤子であった。 かくして、勇者と魔王を拾ったおっさんの物語が幕を開ける。
ファンタジー 連載中(20話分)
by チョコカレー 02/18更新

コメント(0) 登録(32)6up    

8.剣聖の称号を持つ料理人
料理人である新堂春樹は不幸な事故で異世界へと転移する。そんな春樹に与えられたのは、神域の剣技を修得できるという『剣聖』のスキルだった。 ドラゴンをも一太刀で斬り伏せる剣術を身につけた春樹は「竜殺し」の異名と共に名が知られてしまい。料理人として生きたい思惑とは裏腹に、春樹は群雄渦巻く異世界で剣士としても名を馳せていくことになる――。 「だから俺、料理人だって言ってんじゃん!」ネコ耳の街娘に銀狼の騎士団長、九尾の狐の領主さまにお抱えられながら、春樹の職業選択の自由が今試される――!
ファンタジー 連載中(26話分)
by 天那 02/17更新

コメント(0) 登録(30)5up    

9.死霊魔術師の蘇生魔法〜レベル99のアンデッドを従えて成り上がる〜
英雄として讃えられていた死霊魔術師のホロウは無実の罪で国を追われてしまう。 なので禁呪である蘇生魔法と、スキル喰らいの能力を携えて旅をすることにした。 手始めに全滅していた勇者パーティの美少女たちを蘇生させて自らの忠実な下僕として従える。 他にも出会った伝説のモンスターを倒しては下僕として従えて力をつけていく。 これは国を追われた禁呪使いの魔術師が蘇生させた美少女やモンスターを使役したり、スキルを奪うことで最強になったりする物語である。
ファンタジー 連載中(14話分)
by 友橋かめつ 02/18更新

コメント(0) 登録(5)4up    

9.おじさんな、昔ドラゴン倒したことがあるんだ
 などと、いたずらに吹聴したりはせず、辺境の都市で慎ましく暮らす一人の冒険者(35)。  薬草採取や低脅威の魔物狩り等、難度の低い依頼ばかりをギルドで請け負う日々を過ごす彼。事情を知らぬ若手の冒険者などは、時に彼を臆病者と蔑み、嘲笑う。  そんな風評もどこ吹く風、今日も独りのんびりと構える彼の下に、一つの依頼が舞い込む。 「この娘に、冒険者のいろはを教えてやってくれんか?」  これは、遁世決めこんだつもりのおっさんと、その周辺の物語。
ファンタジー 連載中(7話分)
by 相当メア 02/12更新

コメント(0) 登録(23)4up    

9.最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます
 ―最上級職から初級職になったのに、より強くなるだけでした―  最強の《竜騎士》アクセルは、王家の依頼により勇者パーティーの一人として魔王を倒した。その後、多大な報酬を得た彼はこれ以上物騒な仕事をする必要もない、と初級職《運び屋》に転職した。そして、相棒である竜と共に世界を旅しながら、悠々自適な生活をしようと思っていたのだが―― 「何だか前より勇者やギルドの連中から頼りにされていないか?」「だってご主人、竜王のボクを駆る、最速の運び屋さんになったんだから、当然でしょ」 「というか、竜騎士時代よりも能力が上がっているし、スキルも強いような?」「だってご主人、基礎を学んでないんだから、学び直したら強くなるのは当たり前だよ」  こうして史上最強のビギナー《運び屋》となった彼は、周りから愛され憧れられ、頼られながら自由気ままに生活していく。
ファンタジー 連載中(61話分)
by 'あまうい白一 ' 02/10更新

コメント(0) 登録(95)4up    

9.劣等眼の転生魔術師 〜 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  〜
 生まれ持った眼の色によって能力が決められる世界で、圧倒的な力を持った天才魔術師がいた。  男の名前はアベル。  最強の力を持つアベルは理想の世界を求めて、遥か未来に魂を転生させる。  しかし、未来の世界では何故か、アベルの持つ至高の眼が『劣等眼』と呼ばれ、バカにされるようになっていた。  過去からやってきた最強の英雄は、自由気ままに未来の魔術師たちの常識をぶち壊していく。
ファンタジー 連載中(29話分)
by 柑橘ゆすら 02/18更新

コメント(0) 登録(9)4up    

13.乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です
|  大地が浮かび、飛行船が空を行き交う異世界。  ホルファート王国の辺境に領地を持つ男爵家。その家の三男として生まれた【リオン】は現代日本から異世界に転生した元社会人だった。  ただし、この異世界――剣と魔法のファンタジー世界は、女性が優遇される“乙女ゲー”の世界だった。  女性に優しく、男性に厳しい乙女ゲーの世界。  リオンは乙女ゲーの舞台である学園で、モブに徹しようとするのだが……。
ファンタジー 連載中(16話分)
by わい/三嶋 与夢 02/09更新

コメント(0) 登録(52)3up    

13.最底辺を這いつくばるおっさん冒険者。ギルドを追放されるところで、いままでの努力が報われ、急に最強スキルを得る。
|  おっさん冒険者ルイスは、自分に最強の力が備わっていることに気づいていなかった。  どんなに魔獣を倒してもレベルが上がらない。  どんなに修行しても強くならない。  みんなから馬鹿にされ、感情を殺して生きてきた。四十歳を目前にしてEランク、このままではギルドを追放される。  そんななか、美少女アリシア・カーフェイの助太刀により、ルイスは辛くも強敵を倒し――それにより、人生初のレベルアップを果たす。  そのとき授かったスキルは、あまりに最強過ぎた――  一部の人間に引き留められるも、ルイスはギルドの規定により契約を破棄され、フリーの身になる。  だが、ルイスは忘れない。  彼は報われない辛さを知っている。弱い者の痛みがわかる。  謙虚さを忘れないルイスに惹かれ、皇女、あるいは敵国の美少女でさえも、彼についていってしまう――
ファンタジー 連載中(41話分)
by 魔法少女どま子 02/18更新

コメント(0) 登録(20)3up    

13.脇役艦長、参上! 〜どうやら間に合ったようだな!〜
| 「俺は英雄にはなれないが、英雄を助けることはできるかもしれない」 人生の脇役を自認していた平凡な男は、迷い込んだ異世界で空飛ぶ戦闘艦シューティングスター号を手に入れた。英雄伝の主役たちを助けるために、名も無き脇役艦長は今日も異界の大空を征く。 「せやけど英雄を助けられるぐらい凄いんやったら、艦長も英雄ちゃうか?」  ※1話平均3千字・週2回更新(月・木の午前11時)。 ※第63話まで予約投稿済。 ※アース・スターノベル様から書籍化予定です。
ファンタジー 連載中(63話分)
by 漂月 02/15更新

コメント(0) 登録(44)3up    

13.いいご身分だな。俺にくれよ。
事故で死んだ高橋 修は前世の記憶が残ったままウェルロッド侯爵家のアイザックとして生まれ変わった。 だが、そこは妹がプレイしていた恋愛ゲームの世界。 そのゲームは”略奪愛”をテーマに、婚約者のいる攻略キャラを奪い取るという酷い内容だった。 その攻略キャラも酷い奴揃い。 「あんな王子が未来の国王? だったら、俺が王になった方がまだマシだ」 これは乙女ゲームの世界で、空気を読まずに覇道を歩む男の物語。
ファンタジー 連載中(105話分)
by nama 02/18更新

コメント(0) 登録(31)3up    

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

[][]

[1]ランクメニュー
[0]Homeへ戻る
copyright(c) dodat


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
新着情報
(19:00現在)


携帯アクセス用QRコード
QRコード
Links