AR Mobile Viewer

「魔法使いの夜 小話」
(第0部)[1/1]

[次話][目次][][登録]
魔法使いの夜 小話


青子「ねぇ草十郎」

草十郎「ん? どうした蒼崎」

青子「あんたってさ、彼女とかいないの?」

有珠「!?」

草十郎「突然、どうした蒼崎」

青子「いやね。最近あんたの噂が学校中で流れてるのよ、なんでも美人の彼女がいるって。私の耳にまで入るくらいだから相当のもんかと思ってね。で、それでどうなのよ? 彼女いるの? いないの?」

有珠「」ソワソワ

草十郎「彼女? いるわけないじゃないか」

有珠「」ホッ

青子「えーー。なによ、つまんないわね。………まぁそんなことだろうと思ったけど。どうせ木乃美の馬鹿が勝手にあることないこと吹聴してるんでしょう」

草十郎「蒼崎は何を期待してるんだ全く」

青子「そんなもん決まってるじゃない。あんたみたいな朴念仁に惚れるようなやつがどんなもんか知りたいじゃない」

有珠「!!」ビクッ

青子「まぁいいわ、それでどうよ? 都会に出てきてかわいい子とか一杯見てるわけじゃない? 好きな子とかいないの?」ニヤニヤ

有珠「!!!」ミミピクピク

草十郎「………。蒼崎、面白がってるだろう」

青子「あれ? ばれちゃった?」

草十郎「はぁ………。そんな顔してたら嫌でもわかる」

青子「まぁまぁそれよりどうなのよ? 好きな子いないの? ね? ね?」

草十郎「蒼崎、しつこいぞ」

青子「いいじゃない別に、減るもんじゃないし」

草十郎「…………。まぁいないわけじゃない」

青子・有珠「「!!!!!!!」」

青子・有珠「「え!!」」

青子・草十郎「「ん? 有珠?」」

有珠「んんっ。なにかしら?」

青子「いや今更とぼけても遅いわよ。さっきからずっと聞き耳立ててるのばればれだから」

有珠「!!!……………なんのこと?」

青子「はぁ…………。まぁいいわ。そ・れ・よ・り! 草十郎! あんた好きな子いるの!?」

草十郎「いや、好きっていうか。そもそも好きって言うのがどんなものかよくわかってなくて。ただその………」

青子「なによ、歯切れが悪いわね。はっきりしなさいよ」

草十郎「白状すると、好きって言うよりは気になるって言うのが一番しっくりくる、かな?」

青子「………まぁそうよね。あんた、今まで色恋なんて無縁の生活してたものね」

草十郎「そうなんだ。だからこの話題はこれくらいにしてくれると有難い」

青子「そうね。まぁ今日はこれくらいに 有珠「で、だれが気になるの」

青子・草十郎「「……………」」

青子「………有珠、あんたねぇ」

有珠「青子は気にならないの? 静希君の気になる人」

青子「うっ………。そりゃあ気になるけど」

有珠「ほら静希君。青子が知りたがっているわよ」

青子「一番知りたがっているのはあんたでしょうが!!」

有珠「そんなことないわ、ただ青子が知りたがっているから代わりに聞いてあげてるだけよ」

青子「あんたってほんとにぃぃ」

有珠「ほら静希君、早く言って」

青子・有珠「「……………………」」ジィーーーーーーーーーー

草十郎「………そんなに見られたって言わないぞ」

青子「………草十郎、観念しなさい。こうなったら有珠は言わない限り梃子でも動かないわよ」

草十郎「はぁ………どうしても言わないとダメか?」

青子・有珠「「ダメ」」

草十郎「…………」ユビサシ

青子・有珠「「!!!!!!!!!」」


後半に続く

[次話][目次][][登録]