AR Mobile Viewer

「ダイの大冒険〜ガルヴァスの野望〜」
(第0部)[1/1]

[目次][][登録]
(ここは鬼岩城・・・)

「フレイザードが死に、クロコダインとヒュンケルが裏切りわが魔王軍の戦力
が半減してしまったのでは?」

ハドラーが苦悶の表情を浮かべているところに、何者かがハドラーの前に
現れた。

「誰だ!?」

ハドラーの目の前に赤い逆立った髪をした緑の肌の魔族が現れた。
ハドラーと同じくらいの体格をしており、階級の高そうなマントを羽織っている。

そしてその魔族の側にはハドラーのような青白い肌をして緑の髪を黄色い髪飾り
で束ねた女魔族が立っていた。肌に密着したハイレグレオタードのような服を
着ていて鮮やかな赤いマントを羽織っている。

「ガルヴァス、お前は私の影武者。光ある所に出てはならぬもの!!」

ハドラーがガルヴァスという魔族に言い放った。

「ハドラー、私は表舞台に出させてもらうことに決めた!お前の手こずって
いる小僧を倒しバーン様に私の力を認めさせてもらう」

「ダイか、あやつを甘く見るとひどい目にあうぞ!」

「ご心配には及ばん。そうそう、この者はわが配下の6大将軍の1人だ」

ガルヴァスがそう言うと、側にいた女魔族が不敵な笑みを浮かべ口を開いた。

「妖魔将軍メネロございますわ。」

「女だと・・・!!?」

ハドラーがメネロを見て言うと、ガルヴァスが笑った。

「フハハ!女だと思って甘く見ない方がいいぞ!お前の軍団長よりも優秀だ」

ガルヴァスがそう言うとメネロと共にハドラーの目の前からルーラの光と共に
消えた。

(そして、ガルヴァスとその配下の6大将軍達はパプ二カ復興支援を手伝うダイ
達に奇襲を仕掛けた!)

ワイバーンに乗るドラゴンライダーの超竜将軍べグロム、左右2体に分離する
リビング・アーマーのダブルドーラ、斧と槍に分離するザンバー・アックスを
操る百獣将軍ザングレイ、炎と氷の三節根を武器とする魔族の武道家ブレーガン、

この4人がパプ二カ城下町を攻め始めた、ダイとポップが応戦した!!

「お前たちは何者だ!?」

ダイがそう言うと、目の前に笑い声と共にガルヴァスが現れた!

「私は豪魔軍師ガルヴァス。ハドラーに変わり魔軍司令の地位に就く。
そしてこの者たちはいずれ魔王軍の指揮を執る事になる新生6大将軍だ」

「6大将軍ったって4人しかいねえじゃねえか!?」

ポップがそう言うとダイが気づく

「すると残りは・・・城!?」

「さすがダイ、いまごろデスカールとメネロが城を攻めておる!」

「城にはマァムとレオナが!!」

(そして、パプ二カ城では)

不死将軍デスカールという僧侶のような服を着た骸骨の姿をした男が現れ、それに
パプ二カ3賢者が応戦したが歯が立たない。

そして、その傍らではレオナとマァムと彼女らを守護するパプ二カ兵達の
前に不敵な笑みを浮かべたメネロが現れた。

「私はねぇ、可愛い女の子を見ると、傷付けたくなるの」

メネロは右腕に装着したイバラ状の鞭を振りまわしてパプ二カ兵達を次々
倒していった。そしてその鞭はレオナを捕えようとしていたがその瞬間
マァムがレオナを庇い、マァムの背中に鞭が直撃してマァムは倒れた。

「マァム!」

倒れたマァムに呼び掛けるレオナ。

「あ奴の魂でどお?」

メネロは横に現れたデスカールに問いかけた。

「あ奴でよい!暗黒闘気奪魂魔術!!」

デスカールは不気味な魔術でマァムの魂を抜き去ってしまった。そしてガルヴァ
スと6大将軍は1時撤退し、パプ二カ山脈のふもとべルナの森へと集結していた。

「ダイに素晴らしい決選場を用意してやろう。デスカールよ、マァムの魂を
収納して、決選場に瘴気を敷き詰めるのだ!」

「暗黒瘴気結界魔術!!」

デスカールはマァムの魂を不気味な卵状の物体に収納させ、決選場に瘴気を
敷き詰めた。

そしてガルヴァスは使い魔を呼び寄せ、液体の入った瓶を持たせダイ達の元
へと向かわせた。

「あの瓶に入っている神魔水には瘴気の効き目を倍増させる薬が入っている。
一人分の効き目しかないと伝える様に使い魔に吹き込んでおいた。
必ずダイが来るだろう!」

「恐ろしいお方・・・」

メネロとデスカールが顔を見合わせた。

(そして決戦のときがきた・・・!)

ガルヴァスの目論み通りやはりダイは1人で決戦場へと乗り込んできた!

「やはり来たかダイ!!瘴気と薬で動かぬ体でどこの魂が取り戻せるかな?」

ガルヴァスがそう言うと、罠に気づいたダイは怒りにまかせてガルヴァスの隣に設置
されたマァムの魂に向かって突進していった!!

そのダイの背後からべグロムが空中から剣で斬りかかろうとした瞬間!

「海波斬!!」

ダイの振りかざした剣の衝撃波でべグロムの胴体が真っ二つに切断され地面に
転がり落ちた・・・!!

「馬鹿な!?瘴気と薬のせいであんな力は残っていないはず・・・!」

ガルヴァスが驚く暇もなくダイに体を左右に分裂させて襲いかかったリビング・
アーマーのダブルドーラもダイの極めた空裂斬によりあっけなく撃沈していった・・・!

「小娘の魂を取り戻そうという気持ちだけがダイを支えているのかしら?・・・・・
ちくしょう、妬けるわね!!」

ダイの奮闘ぶりを見た女魔将軍メネロはそう呟くと全身に凄まじい妖気をまとい始めた!

「はああああああ・・・!!」

メネロの髪は逆立ち、その顔は赤く仮面で覆うようなものに変貌していった・・・!

「それッ!そオれッ!!」

「うわあ!!・・うわアッ!!」

決戦場には茨の鞭が風を切る音とメネロの声、ダイの声だけがこだましていた・・・!

「さすが我が片腕メネロ!岩をも砕くメネロの鞭をあれだけ受ければ生きてはいないだろう
・・・!」

「やったかしら?!」

メネロはダイの背後に近寄ろうとした

「やめろメネロ!不用意に近づくな!」

ガルヴァスがそう言うより早くダイは動いた!

「海破斬!」

しかしダイはダメージを負っており威力は半減し、メネロに余裕でかわされ、胸をかすめたていどだった

しかし!

切れたレオタードの下から胸が露出してしまった!

「うお!」

ウブなダイ以外の皆が見とれてしまっていた!

「ああー!これでは戦えないわ!」

必死で胸を隠すメネロ

「仕方あるまい、後は俺がやる!」

弱ったダイに対しガルヴァスは6大将軍達の宝玉の力を集めそれを一列に槍
状にしてダイに投げつけた!!

「さらばダイ!豪魔六亡槍!!」

光の槍がダイに直撃しようとした瞬間!!

マァムの魂の力がダイに乗り移りダイは復活した!

「アバンストラッシュ!!」

ダイの放った剣閃の必殺技がガルヴァスの光の槍を貫いてガルヴァスに直撃しようとした!

「ガルヴァス様!!!」

メネロが悲鳴を上げた先には間一髪アバンストラッシュの直撃をかわしたガルヴァスの
姿があった。メネロは安堵した表情を見せたがガルヴァスは腹部に深い傷を負って、
血を垂らしていた・・・!

「豪魔六亡槍が敗れたというのか!?」

苦悶の表情を浮かべるガルヴァスにダイは再びアバンストラッシュを放った!

しかしその瞬間!メネロの腹部の宝玉が光り、ガルヴァスの元へ向かった・・!

「そんな!?私の宝玉の力はすでに使われているはず!?・・・まさか!??」

「この力があれば・・・・豪魔七亡槍!!!!」

ガルヴァスの放った光の槍はダイのアバンストラッシュをはじき返しついに勇者
ダイを倒したのだった!!

「ガルヴァス様、キズは!?」

「この程度の傷心配いらん、ダイを倒した今後はデスカール、ブレーガン、ザングレイに残党達を
始末させるだけだ」

既に美しい本の顔へと戻っていたメネロの腹を触ったガルヴァスは笑みを浮かべた

「うむ、我々2人だけでも十分な相手だったな」

そしてあくる日・・・ガルヴァスのアジトにて・・・
ガルヴァスと生き残った4人の魔将軍達が終結していた。

「お前たちの活躍でパプニカ城を制圧できた。特に活躍したメネロにはパプニカ女王
になってもらう」

「早速パプニカ国王に挨拶に行って来ますわ。まずは手始めに生意気なパプニカの姫を処刑してやりますわ」

「お前のその性格嫌いではないぞ」

ガルヴァスとメネロは不敵な笑みを浮かべた




















[目次][][登録]