AR Mobile Viewer

「後だしじゃんけん【HUNTER×HUNTER ss】」
(第0部)[1/1]

[目次][][登録]
後だしじゃんけん

「キルア!!」

「なんだ、ゴン!!」

「最強の念能力を考えたよ!!」

「え!? どんなやつ!?」

「よし、攻撃して来てくれよ!!」

「よーし!! 行くぞーっっ!!!」

「‥‥‥」

「‥‥‥ん、ゴンの様子がおかしい‥‥‥」

「‥‥‥」

「あれは、「凝」‥‥‥なんだ、一体何をしようとしてるんだ‥‥‥」

「‥‥‥」

「‥‥‥神速(カンムル)!!」

「‥‥‥"グー"!!」

「ぐっはああああああああああああああああああ!!!!!!!!!」



「‥‥‥」

「どうだい、キルア‥‥‥これが「後だしジャジャン拳」だよ!」

「‥‥‥そっか、それで「凝」を‥‥‥」

「うん! 「凝」で相手の動きを観察して‥‥‥後からジャジャン拳で仕留めるんだ!」

「いや、こりゃまいったなー‥‥‥」

「すごいでしょ! これならどんな念能力者にも負ける気がしない‥‥‥」

「‥‥‥言ったな、ゴン‥‥‥」

「‥‥‥キルア?」

「じゃあさ、会長のとこ行ってみようぜ!」

「えっ!? 会長って‥‥‥ネテロ会長!?」

「うん」

「血が騒ぐよ、キルア!!」



「よし、ネテロ会長の家まで、後もうすぐだね、キルア!」

「うん、ゴン!」

「面白いことしてるね‥‥‥◆」

「お、お前は!! ヒソカ!!」

「ふふ、こんにちは、ゴン?」

「ヒソカ!! お前‥‥‥何しに来たんだ!?」

「何って‥‥‥もぎ取りに来たのさ‥‥‥熟した果実をね◆」

ズギューーーン。

「貴様‥‥‥ヒソカ!!」

「行くよ、ゴン?」

「来て‥‥‥ヒソカ!!」

「"伸縮自在の愛"(バンジーガム)
!!」

「‥‥‥」

「なんだ、ゴンのやつ‥‥‥目にオーラを‥‥‥◆」

「‥‥‥」

「ふふ、そうきたか、面白い。ーーー喰らえっ◆」

「‥‥‥"チー"!!」

「ほう、ボクの"伸縮自在の愛"(バンジーガム)が切断されたよ◆」

「"パー"!!」

「ぎいやああああああああああああああああああああああ?????????」

ズギューーーン。


「ゴン、すげぇよ、間髪入れずにパーに切り替えるなんて!!」

「うん!! 「必ず相手の後に攻撃する」って制約を付けることで、一度に使える念の総量を飛躍的に向上させたんだ‥‥‥ヒソカを倒せる年齢(レベル)まで!」

「すごい、すごいよ‥‥‥ゴン!!」

「えへへ」

「おう、どうした、お客さんかの」

「こんにちは、会長!!」

「おやおや、可愛いお客さんだの‥‥‥」

「会長、ゴンがすげぇ念能力に目覚めたぜ!! もしかしたら、会長より強いかもよ!!」

「ほう、それはそれは‥‥‥」

「‥‥‥」

「その年で、わしに挑戦しようとは‥‥‥血沸く血沸く♪」

「ネテロ、来るぞ‥‥‥」

「‥‥‥」

「(ふむ、「凝」か。)」

「‥‥‥」

「(考えたな、じゃが‥‥‥)」

「‥‥‥」

「ゴン‥‥‥」

「‥‥‥うっ‥‥‥」

「‥‥‥ゴン!!」

「ほほ‥‥‥念の使いすぎかの」

「‥‥‥くっ‥‥‥」

「どうした、来んのなら‥‥‥」

「‥‥‥いいや、まだだ!!」

ブワイイイイィイィイン。

「‥‥‥ゴン‥‥‥すごい「凝」だ‥‥‥オーラがすごい‥‥‥」

「ほほ‥‥‥それは悪手じゃろ」

「‥‥‥ぐっ‥‥‥」

ブワッシャアアアアアアア。

「‥‥‥ゴン‥‥‥すごい鼻血が‥‥‥鼻血がすごい」

「‥‥‥壱乃掌(いちのて)」

パシンッ。

「‥‥‥ぐわっ!!」

「‥‥‥ゴンっ!?」

「ほほ、大丈夫かの」

「‥‥‥(見えなかった、まるで‥‥‥)」

「会長、一体何をしたんだ!?」

「「後だし」とは‥‥‥考えたが、まだまだひよっこじゃな。「後の先」はワシも心得ておるよ」

「‥‥‥」

「そうか‥‥‥ネテロ会長が、そこから動かなければ‥‥‥ゴンの念がいたずらに消費されるだけだ!!」

「その通り。‥‥‥それに、"壱乃掌"(いちのて)が見えなんだーーー"グー"の音も出んのう、ぶわっははははははは」

「‥‥‥まだだ‥‥‥」

「‥‥‥ゴンっ!?」

「ほほう?」

「‥‥‥もう これで終わってもいい‥‥‥だから‥‥‥」

「‥‥‥」

「‥‥‥」

「ありったけを」

ゴオオオオオオオオオオ。

「‥‥‥ゴン‥‥‥髪の毛が‥‥‥すごい」

「ほう‥‥‥成長おったか‥‥‥このわしを倒せる年齢(レベル)まで」

「‥‥‥」

「‥‥‥」

ブワイイイイィイィイン。

「すごい‥‥‥「凝」もすごい‥‥‥!」

「ほう‥‥‥」

「FIRST COME ROCKー」

ギリ ギリ ギリ ギリ ギリ

「‥‥‥構えた?」

「ほう、後だしジャンケンはやめたのかの‥‥‥?」

「‥‥‥」

「なんだ、ゴンのやつ、動かない‥‥‥」

「(‥‥‥なんだ、何かがまずい‥‥‥)」

「THIS WAY」

「‥‥‥なんだ!? 会長が、ゴンの方に引き寄せられていく‥‥‥!!」

「(そうか、わかったぞ‥‥‥!! 違和感の正体が!!)」

「FOLLOW ME」

グルグルグルグルグルグル‥‥‥。

「ゴンの髪の毛が、台風のようにっ!!」

「大気をかき混ぜておるのか!!」

ネテロ会長の身体は、ゴンの方に吸い寄せられていくーーー。

ゴンの昇龍のような長髪のうねりによって生じた真空状態はまさに、歯車的大気の小宇宙!

「‥‥‥」

「‥‥‥ゴン、今まさに自分に向かって吸い寄せられていく会長の動きを「凝」でつかみ、叩き込む気かーッッッ」

「(大したやつじゃ‥‥‥ゴン‥‥‥じゃが!!)」

「‥‥‥」

「そんな馬鹿な‥‥‥ネテロが変なポーズで観音像にしがみついて動かない!?」

「ほほ‥‥‥こういう時、具現化系は便利じゃ」

「‥‥‥」

「そんな‥‥‥ゴンがせっかく頑張ったのに!!」

「ほほ‥‥‥お主の敗けじゃ!!」

「‥‥‥」

「いや、違う‥‥‥ゴンはまだ、"後だしジャジャン拳"を使っていない!!」

「‥‥‥ほう」

「‥‥‥"パー"!!」

ドオオオオオオオッッッ。

「ネテロは観音像を出した‥‥‥制約でパワーを増した「パー」が来るぞっっっ」

「ぐ、ぐおおおおおお‥‥‥"零乃掌"(ぜろのて)!!」

ゴンの「パー」による念と、ネテロの観音像から吐き出された念とが、せめぎあっている‥‥‥。

「うおおおおおおお!!!」

「うおおおおおおお!!!」

「うおおおおおおお!!!」

ボカーン。





「やれやれ、会長が念能力を使うなんてねぇ‥‥‥◆」

「ま この勝負‥‥‥後から来たボクの勝ちってとこかな◆」

ヒソカ、不戦勝‥‥‥!!

[目次][][登録]