ネット小説更新
チェック
Menu
  トップページ
  ログイン(通知サービス)

小説家になろう
  人気ランキング
  新着を見る
  小説検索
  みんなの通知リスト

Hameln
  新着を見る

Arcadia
  人気ランキング
  新着を見る
  小説検索

BBS
  捜索掲示板
  なんでも掲示板
  小説宣伝板

Help
  使い方
  サイト概要
  機種変更・パスワード忘れ
  ご注意
  よくある質問
  お問い合わせ


ネット小説更新チェック

【文学】
(1−10件)

[][]
瞳に灯りが射すときに
???穂積怜と倉木百合華。2人は出会うべくして出会ったのか。 百合華が働く出版社の編集部に穂積怜が入社してきた。 無口で無愛想な穂積怜との距離を縮めようとした百合華だったが、怜からは悪態を見せるようになる。 ある日のトラブルで百合華は怜に「お前は鬱陶しい・ナルシスト・クズだ」と言われてしまう。見栄とプライドの塊だった百合華は、怜の言葉をきっかけに自分磨きをする事にした。そして、何もわかっていないと言われた百合華は怜の過去を探る条件付きの【調査】を始める…。 人と人との繋がりから生まれるヒューマンミステリー。
文学 連載中(166話分)
04/22更新 [通知登録]

いつかの五月に
40代半ばで昔の女性たちと再会・・・
文学 完結済(3話分)
04/22更新 [通知登録]

私と三人の子供達
離婚した私と三人の子供達。毎日、慣れない家事と育児に奮闘する。それでも、子供達が可愛く生き甲斐を見つけていくストーリーです
文学 連載中(1話分)
04/22更新 [通知登録]

咲き誇る桜の下で、私達は小指を結ぶ
 道木輝は両親から虐待を受けていた。地獄のような日々に悲観していた輝だったが、桜の下で出会った金髪青眼の「彼女」と交わしたある約束のおかげで再び生きる希望を見出した。  出会いから十年。輝は高校生となり、幼馴染である玉川真由と一緒に新しい生活の場である高校へと向かう途中、「彼女」によく似た少女……吉祥寺カレンに出会う。  カレンとの出会いは偶然かあるいは必然。奇しくもこの出来事が輝、真由、カレンの三人の歯車を狂わすことになる。   少年少女達に甘酸っぱくもほろ苦い青春群像劇が今幕を上げる。
文学 連載中(4話分)
04/22更新 [通知登録]

文学少年(変態さん)は世界最恐!? 〜明らかにハズレの【書誌学】、【異食】、にーとと意味不明な【魔術文化学概論】を押し付けられて異世界召喚された筈なのに気づいたら厄災扱いされていました〜
 本好きを拗らせて、古書に頬擦りし、臭いを嗅ぎ……そのせいでクラスから孤立した少年、能因草子《のういんそうし》。  そんな彼に手を差し伸べたのは、オープンキャンパスで出会った大学教授だった。  彼はただ、その教授とその教授のゼミ生達と一緒に文学研究をしていられたら、それで良かったのに……。  高校一年生から志望校目指して受験勉強を進めていた最中、教室に異世界召喚の魔法陣が現れたところから彼の運命は狂い出す。  残り物のスキルを押し付けられ、着いた先は迷宮。そんな絶望的な状況を抜けても混沌とした異世界の問題は残っている。  ぶっきらぼうな優しさ触れ、増えていく草子を慕う者達、修復されていく関係、インフレの激しい敵との戦い、どこかで見たことのあるテンプレの山。  出逢いと別れと戦いを繰り返す長い旅の中でも草子の「地球に帰還する」という願いだけは変わらない。  これは何者にもなれる世界で「どうせ居てもいなくてもどっちでもいいモブなんだから、地球に帰ってもいいよね!」と地球への帰還という選択肢を選んだ少年と、そんな少年を振り向かせたい少女達の旅の記録である。 ===================================== ※1本作では古今東西の“作品”をネタに混ぜ込みますので、あらかじめご了承下さい。近世的な異世界ライトノベルを目指していますが、ネタを知らなくても楽しめるように書いているつもりです。 ※2感想にてステータスへの指摘を多々受けますが、作者のこだわりが強いのでこのままの形を維持させて頂きます。 ※3投稿は一章が書き終わるごとに行っていきます。投稿されない時期が続く場合がありますのであらかじめご了承下さい。 ※4感想、レビュー等々何かしらの反応があればモチベーションが上がります。投稿スパンが短くなるかもしれません。 ※5章終わりに講義パートを挟みます。……こっちを書く方が本編書くよりもしんどいので、後生ですから飛ばさず読んで……まあ、どっちでもいいか。 第八章「魔王軍と魔法少女〜二つの?魔?編〜」鋭意執筆中
文学 連載中(326話分)
04/22更新 [通知登録]

やさしさが触れたとき
| 新宿のお触りパブで、「ジャスミン」という名前で働く竹井沙理奈。彼女は4歳になる娘のあずさと二人、都会の片隅で懸命に生きていた。そんなある日、客になった山室純一は沙理奈の左胸に小さな『しこり』があることに気づく。  5年前に妻を乳がんで亡くしている山室は、その『しこり』が乳がんではないかと疑い、一刻も早く行院に行くようにすすめるが、沙理奈は病院に行くことができない。生活が苦しい彼女は健康保険料を滞納していて保険証がなかったのだ。  父親が誰だかわからず、小さい頃に母親に捨てられ、施設で育った沙理奈には頼れる人はおらず、思いあまって山室に頼ることを決意するが………。  ※ 心温まるお話  ※ お話の構成     第1章 日陰(ひかげ)の女(1、2、3、4)     第2章 差し込んできた光(1、2、3、4)     第3章 やさしさが触れたとき(1、2、3、4、5、6、7)     第4章 日向(ひなた)への道(1、2、3、4)     第5章 明るい光に包まれて(1、2、3、4、5、6)     エピローグ ※ 26回にわたって連載(5日おきに更新予定)
文学 連載中(17話分)
04/22更新 [通知登録]

タイの空に舞う
| 現実に起きたある企業戦士の物語!
文学 連載中(55話分)
04/22更新 [通知登録]

> 幸田露伴「風流微塵蔵」……<6>「きくの濱松」現代語勝手訳
| 幸田露伴の未完の連作長編小説「風流(ふうりゅう)微塵蔵(みじんぞう)」のうち、「きくの濱松」の現代語勝手訳。 「さゝ舟」→「うすらひ」→「つゆくさ」→「蹄鐡」→「荷葉盃」からの続き。 実際には題名に<6>の表記は無いが、話が次々と連続して行くので、つながりが分かるように便宜的に付け足した。 今回の主人公は、金仙禅寺の栽松が懇意にしている筆屋の正太郎。 独身の正太郎は、知り合いの婆から縁談を勧められる。 女房を持つのがいいのか、持たない方が気楽なのか、色々悩んだ挙げ句、女房を持つに至るのだが、実はその女房となる女には色んないきさつがあった。 正太郎とその女房、それに関わる色々な人物がこの物語を彩る。 まず最初に、「さゝ舟」の九、十で語られていた『玉之助』が栽松に引き取られて『玉山』となり、金仙禅寺で我が儘し放題をする場面から始まる。 ※ この「きくの濱松」は全51回の長丁場ではありますが、お付き合いいただければうれしいです。
文学 連載中(19話分)
04/22更新 [通知登録]

魔王ちゃんと俺
魔王ちゃんと俺の日常である。
文学 連載中(2話分)
04/22更新 [通知登録]

トゼンサウ
| かつて英語でhealthと号したBOSEのように。 心に移り行くよしなきことを、ただひたすらに、 ぼんじーぼんじーぼんじーソワカー。 せわしなき現代人のビジネス・シーンに毎朝お届けする、確実に無駄な人生の3分間。 今日もストレス社会を生きるあなたへ、一服のブレインウォッシュ剤をご提供しております。 カナダ発、よい子とよい犬のための怪文書。 大人は読んだらタイホだぞっ、と。 ※!一気読み危険!ばかになるおそれがあるので用法、用量を守ってご利用ください。※
文学 連載中(647話分)
04/22更新 [通知登録]

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

[][]

[1]新着Menuへ戻る
[0]Homeへ戻る
copyright(c) dodat


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin