ネット小説更新
チェック
Menu
  トップページ
  ログイン(通知サービス)

小説家になろう
  人気ランキング
  新着を見る
  小説検索
  みんなの通知リスト

Hameln
  新着を見る

Arcadia
  人気ランキング
  新着を見る
  小説検索

BBS
  捜索掲示板
  なんでも掲示板
  小説宣伝板

Help
  使い方
  サイト概要
  機種変更・パスワード忘れ
  ご注意
  よくある質問
  お問い合わせ


ネット小説更新チェック

【歴史】
(1−10件)

[][]
平賀譲は譲らない
| 平賀譲に転生した主人公は自分の人生と日本の歴史を変えるため奔走することになる、知り合いを増やし伝を頼って政治家や軍の高官に働きかけて日本の運命(ついでに自分の)を変えようとする。 残酷な描写がある予定です。 良くある仮想戦記にある爽快さが少ないかもしれません。 問題等ありましたらご指摘ありがたいです。 なおこの小説はフィクションであり登場する人物・団体・組織等は完全な架空の存在です。
歴史 連載中(134話分)
06/28更新 [通知登録]

日輪の剣 
 日本にいられなくなった海城伊佐雄は南シナ海の島国、ルグー国でAIA(アジア・インフラ・アシスト)社の専務である宗次の下で暮らしていた。 島の大巫女、テルアとも親しくなった伊佐雄は次第に島の暮らしに馴染んでいく。そんなある日、ルグー国にチャイナのPLA(人民解放軍)が侵攻を開始する。石油不足解消のため、数年がかりで侵略計画を練っていたのだ。寡兵で迎え撃つルグー軍。反撃の支援を行うAIA。島の地下神殿で祈るテルア。  自分自身のために戦おうとする伊佐雄。だが、ルグーには底知れぬ未知の力が秘められていた……
歴史 連載中(90話分)
06/28更新 [通知登録]

ちょいと江戸まで
|  老舗百貨店の婦人服売り場で店長として働く、希美《のぞみ》、既婚37歳子供無し。  愛されキャラのそんな希美には、一つ秘密が有った。  それはちょっとした縁から始まった、東京と江戸との二重生活。  江戸では「みその」と名前を変え、持ち前の明るさと現代知識や、江戸ではべらぼうに若く見られる、その不思議な美貌を携えながら、江戸の商いに触れ、恋や捕り物劇までにも巻き込まれて行く物語。  ※こちらの作品はムーライトノベルズで、完結している話です。  続編を書いていて、あまりアレな感じを入れたくなかったので、話の繋がりがある為に修正して投稿する事にしました。  続ける上で設定の年齢を下げたり、名前など細かなところの若干の修正はありますが、大筋はほぼ同じになる予定です。  完結済みのところまでは、一日に2〜3話くらいのペースで更新して行く予定です。(74話分)  宜しくお願い致します。
歴史 連載中(56話分)
06/28更新 [通知登録]

武徳の華の咲けばとて
|  長岡に生まれた高野五十六は、戊辰の役で一敗地にまみれた郷土の恥を雪ぐべく海軍を志す。日本海海戦に参加した五十六は、初日に重傷を負ってしまう。海軍病院での入院中、五十六は考えた。なぜ日本はロシアに勝ち、長岡藩は官軍に負けたのか。戦争の勝利は、戦術的勝利と政戦略条件とによってもたらされることに五十六は思い至る。  日本を取り巻く政戦略環境はワシントン会議を境にして悪化する。かつて小国だった明治日本を支援した英米は、大国化した日本を警戒するようになり、軍縮条約で日本を抑えつけた。第一次大戦後の平和熱が冷め、列強諸国は軍備増強に動きはじめる。日本は、ルーズベルト米大統領、スターリン、ヒトラー、蒋介石らに翻弄され、極めて困難な政戦略環境へと陥っていく。  国際情勢の推移を眺めながら、五十六は海軍航空の育成に努め、海軍次官を経て、連合艦隊司令長官となる。折しもアメリカの対日禁輸措置が強まっていた時期である。五十六は支那事変の戦局をにらみつつ、万が一に備えて対米戦争を研究する。  日米交渉の開始にこぎつけた日本政府だったが、在米資産凍結と石油輸出禁止という苛烈なアメリカ側の態度に絶望し、対米英蘭開戦を決意する。五十六には対米英蘭作戦という困難な任務が与えられた。米英という世界最大の海軍国を打ち破らねばならない。絶望的な戦略環境下、五十六は最大限の戦術的工夫を凝らし、連合艦隊を指揮する。
歴史 連載中(2話分)
06/28更新 [通知登録]

新たな軌道を進む
東海地震で、時空に巻き込まれた少年。  これからどう生きていくのか。 ギャグもあり感動もある、何でもありの小説です。 投稿頻度が遅いのが有ります。  
歴史 連載中(24話分)
06/28更新 [通知登録]

織田さんちの八男です
朝トイレに起きて立ちくらみで頭をぶつけたら、いつのまにか戦国時代の織田信長の弟、織田喜六郎になっていました。元はしがないアラサーリーマンです。しかも歴史には詳しくありません。戦国一の美少年になりましたが、アーッはありません。断固拒否します。とりあえず織田家の八男として、戦国時代生活を豊かにするべくがんばっていきたいと思います。でも知識チートとかないんですけど、どうすればいいですか。ツンデレの信長兄上、こんな弟でも見捨てないでね。短編で出した同名のお話の連載版です。歴史に詳しい方にはこれはないよーという表現がたくさんあるかもしれません。ファンタジーだと思って読んでくださると嬉しいです。でも時代考証の指摘はいつでも大歓迎です。参考文献を2ページ目に入れました。通称名と官位名での呼び方をやめて「信長」と呼ぶなど分かりやすく改稿しました。
歴史 連載中(91話分)
06/28更新 [通知登録]

(連載版)日本が日露戦争後大陸利権を売却していたら? 〜ノートが繋ぐ歴史改変〜
ロシアと戦争がはじまる。 突如、現代日本の少年のノートにこのような落書きが成された。少年はいたずらと思いつつ、ノートに冗談で返信を書き込むと、また相手から書き込みが成される。 なんとノートに書き込んだ人物は日露戦争中だということだったのだ! ずっと冗談と思っている少年は、日露戦争の経緯を書き込んだ結果、相手から今後の日本について助言を求められる。こうして少年による思わぬ歴史改変がはじまったのだった。 ※本編完結しました。ありがとうございます。外伝は不定期で更新していきます。 ※地名、話し方など全て現代基準で記載しています。違和感があることと思いますが、なるべく分かりやすくをテーマとしているため、ご了承ください。 ※改稿した場合はその旨記載いたします。 ※同名小説の連載版となります。 ※この小説はカクヨムへも投稿しております。
歴史 連載中(119話分)
06/28更新 [通知登録]

文明の濫觴
| 知り合いの山林の整備を終えた帰りにキャンプをしていた東雲義教たちは、キャンプ場で不思議な嵐に遭遇し、気づけばそこは先史時代であった。 「文明を築くがよい」 女神(?)に宣告されていきなりフロンティア生活がスタート 無くして分かる文明の恩恵、大自然の猛威、次々と襲い掛かってくる障害を知恵と工夫と技術で乗り越え生きるために開拓に励む 「これ何て『無人島ストーリー』?」 「いや『文明』じゃないか?」 「ベリーハードの『鉄腕疾走』や」 文明的な快適な生活を目指して義教たちの挑戦が始まった。
歴史 連載中(84話分)
06/28更新 [通知登録]

'雀の銃弾 【滝川久助列伝】 - 織田家家臣に生まれたけど、北条の天下を取りたいんです'
| 「久助!! お前は"滝川一益"を名乗り、信長様の天下を取れ!!」 突然の宣告だった。俺、滝川久助は若くして滝川家のお家を継ぎ、若き当主として、乱世を切り開き織田の天下を目指す・・・ハズだった。 しかし、俺にはどうしても織田の天下を取りたくないワケがある。 譲れない信念、生前からの夢、抑えきれぬ野望を実現する為・・・ 北 条 熱 狂 道 は 止 ま ら な い !! 「いーや!! 俺は北条家と天下を取るね!!」 知識チートと歴オタ魂で、戦国時代をハチャメチャに?き乱す、自由過ぎる物語。 1567年、春 滝川久助、12歳。戦国武将になりました。 ◇◇◇ この作品は某戦国アーケードカードゲームや某無双アクションゲームのプレイ知識程度の作者が、Wiki〇edia先生と睨めっこしながら書いていく作品です。 史実と違うオリジナル要素が含まれますが、それも含めて楽しんでいただけたら嬉しいです。年代を無視した人物の登場はさせないようにしようと思っています。 下書き無し一発勝負、不定期更新でお送りします。よろしくお願いします。
歴史 連載中(41話分)
06/28更新 [通知登録]

フランス海軍の栄光 海軍提督ナポレオンは世界を制する
| 元はフランスの海軍技師だった男がコルシカ島出身のフランスの英雄ナポレオンとして転生した。 これは其れにより違う歴史を歩むことになったフランスのフランス革命からナポレオン戦争のお話。 作者は熱心なナポレオニックというわけではなく、ランペルールぐらいの知識しかありませんので細かいところでは間違いなどがあるかもしれません。 [参考・引用サイト] ウィキペディア フリー百科事典 参考URL:ja.wikipedia.org/wiki/
歴史 連載中(21話分)
06/28更新 [通知登録]


[][]

[1]新着Menuへ戻る
[0]Homeへ戻る
copyright(c) dodat