ネット小説更新
チェック
Menu
  トップページ
  ログイン(通知サービス)

小説家になろう
  人気ランキング
  新着を見る
  小説検索
  みんなの通知リスト

Hameln
  新着を見る

Arcadia
  人気ランキング
  新着を見る
  小説検索

BBS
  捜索掲示板
  なんでも掲示板
  小説宣伝板

Help
  使い方
  サイト概要
  機種変更・パスワード忘れ
  ご注意
  よくある質問
  お問い合わせ


ネット小説更新チェック

【推理】
(1−10件)

[][]
人狼 〜一つのマンションで殺し合い〜
気ままに書きます。 題名通り、おなじみの人狼を題材として書いてみました。 一つのマンションで起こった人狼。役職『狩人』を引き当て主人公は己の生き残る方法を探し出す。 臨場感溢れる推理小説。今ここに爆誕!!
推理 連載中(1話分)
04/22更新 [通知登録]

推理する人工知能メイ 姉と弟と彼女の事件ファイル
 愛知県警の警察官である神崎奈美は五歳の娘と二人暮らし。安田署の刑事課に異動することをきっかけに、コミュ障でハッカーの弟岡本健一もいっしょに暮らすことになる。高校時代の友人が巻き込まれた難事件に頭を悩ませる奈美だったが、健一の能力と健一が開発した人工知能メイの推理で事件はあっさり解決してしまう。
推理 連載中(10話分)
04/22更新 [通知登録]

甘い生活に取り憑かれてます
 田舎町で探偵事務所を営む、御影誠、28歳。その妻、御影千鶴、21歳。ふたりは交際0日で結婚。  千鶴に憑依した霊が起こす騒動を軸に、飼い猫ミカンや誠の弟の春樹も巻き込みながら描く、夫婦の絆の物語。 ※アドバイスにより、ジャンルを推理に変更しました。あたたかい気持ちになる恋愛小説を目指しています。 *一話完結型ストーリー。第四話完結。 *この作品は、他サイトにて、別名義で公開していたものです。
推理 連載中(26話分)
04/22更新 [通知登録]

魔女たちは祝宴し続ける
中世ヨーロッパ。魔女狩りの嵐が吹き荒れた時代。 魔女の嫌疑を受け、聖域の森の洞窟に落ち延びた四人の女性たち。 神の声を聞き、超常なる力を得て現世へ還された修道女トゥーラ。 植物の気を読む薬草屋ローザ。 癒しの気を流して病を治すトナカイ族の少女オト。 星の告げを読み解く予知能力を持つ貴族の娘ベアトリス。 大きな傷を抱えながらも肩寄せ合う彼女たちに、とうとう追手がかかりーーー。 一方、現代。 絶壁の山と大河、大地の亀裂<トゥーラの聖痕>を障壁として、独自の進化を遂げた秘密の集落があった。 <最初の四人>が<四聖女>として祀られる「魔女村」では、天候魔女、治癒魔女、天文魔女、そして薬草魔女たちが、奇妙にもたくましく生き継いでいた。 あと一年で成人を迎える薬草魔女のベリィは、筆頭聖女であるはずの聖トゥーラの呪いが蘇る、という予言を聞いてしまう。 火炙りで刑死した聖トゥーラは、悪逆の魔女と記され、吸血鬼伝説も伝わっていた。 やがて、魔女村には相次いで事件が起こるーーー。 魔法の意義、家族の原点、時を超えた愛の行方とは何か。 <最初の四人>は実はーーー。
推理 連載中(46話分)
04/21更新 [通知登録]

妖怪裁判 〜弁護士サトリの法廷ファイル〜
これは、人型の妖怪が多数暮らす、近未来の話。 心を読む妖怪サトリこと、佐鳥真吾は国選弁護人を生業としていた。 ある日、殺人を犯した天邪鬼の少女を弁護することになるが、その心を読むと、無実を訴えている。 “心はウソをつかない。少女は犯人じゃない!” サトリは、少女の濡れ衣をはらすことを誓う。 しかしこの事件は、誰が見ても有罪というシロモノだった。 検事から次々と出される、不利な証拠、厳しい証人。 当の少女が喋れば、自爆とも思える証言が飛び出す始末。 “それでも……真実を明らかにする!” はたしてサトリは、少女を救えるのか!? 逆転に次ぐ逆転のローファンタジー、ここに開廷!!
推理 連載中(13話分)
04/21更新 [通知登録]

動物音楽隊の悲劇
高校生の金田始(かねだはじめ)は、クラスメイトの雪子に誘われミステリー研究部のイベントに参加する。『動物音楽隊の悲劇』と題されたミステリーの真相を解き、始は豪華景品にありつけるのか?
推理 連載中(1話分)
04/21更新 [通知登録]

協力者
巨大な秘密結社「人々の罰」を創り上げたレイバンダー伯爵の死を耳にしたセラマンは、伯爵の屋敷へと馬を走らせた。 セラマンは秘密結社の一人として、鳥と呼ばれる4人で構成される上位階級に属しており、今後の結社の動きを決めるという重大な役割を担っていた。 しかし鳥の一人のカーロック氏は、伯爵の死が世に出回っているにもかかわらず、死を秘密にすることを提案して実行したのだ。 不可解な行動にセラマンは不信に思うも、実は伯爵は亡くなっておらず治療中であることを知る。 しかし翌日、何者かがレイバンダー伯爵とすり替わっていた。 「人々の罰」の中で蔓延する不信から、殺人事件へと発展し、国を巻き込み滅びゆく結社の叙事詩。
推理 連載中(3話分)
04/21更新 [通知登録]

円い十字架
 眠らない街東京。ここでは近頃不自然な猟奇事件が多発していた。  そんな中記憶がないまま目覚めた主人公、柏木瀬奈。自分を発見した少年とその友人によると、過去に何らかの事件に巻き込まれた可能性があるらしい。  一方、瀬奈のクラスメイトであった神城陸斗は、瀬奈がしばらく学校に来ないことを不審に思い調査を始める。しかし、自分も事件に巻き込まれ……  異能力とSFと推理の混じる、新感覚ミステリー小説。
推理 連載中(86話分)
04/21更新 [通知登録]

探索者は纏まらない
|  新暦三〇〇〇年。大国オルビシアには瘴気が満ち、魔物という名の災禍に見舞われていた。軍部は民を守るために力を振るうが、被害が収束する気配は無かった。しかし、国は禁測地、ニュクスの塔から湧き出す瘴気が魔物の発生源だと突き止める。国は塔と瘴気の秘密を解き明かした者に富と権力を約束したが、塔に挑んで無事で済んだ者はいなかった。その結果、しだいに挑戦者の数は少なくなっていった。  そんな中、恋人を救うため、塔に挑まんとする少年がいた。彼はその場に居合わせた別の探索者と手を組むが、探索中にメンバーが何者かによって殺されてしまう。不運な事に、状況証拠は少年を犯人だと指示していた。疑われ、追われた少年は、真犯人の正体を暴くために奮戦する。
推理 連載中(20話分)
04/21更新 [通知登録]

古瓦物語
'群馬県の大都市である前高市の畑から、1枚の古瓦が偶然出土した。瓦には奈良時代の漢文が刻まれていた。古物収集家で財産家の佐伯洋一郎は、それを入手し、考古学者にして古代史にも詳しい福本照之に瓦の調査を依頼する。照之は洋一郎の甥にあたる。照之は、考古学と古代史の両面から、瓦を明らかにしようと試みる。瓦には、「外従五位下上毛野朝臣宿奈麻呂者 左大臣長屋王近侍不和君足告意此 合薬事丁丑年六月夭死訖王誅之也 豊島足此十女癸午年十月廿日造墓」と記されていた。照之の友人の考古学者で、古代瓦の専門家に見てもらうと、平城京の長屋王邸から出土しているものと同じであり、地元で造られた模倣瓦でなく、当時、長屋王邸の瓦そのものを、前高市の発見場所に運んだものであろうという。瓦文の解読作業を進めていくうちに、これが奈良時代に起きた有名な長屋王事件に関係していることがわかってきた…… ***この作品はアルファポリスにも掲載しています***'
推理 連載中(11話分)
04/21更新 [通知登録]

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

[][]

[1]新着Menuへ戻る
[0]Homeへ戻る
copyright(c) dodat