ネット小説更新
チェック
Menu
  トップページ
  ログイン(通知サービス)

小説家になろう
  人気ランキング
  新着を見る
  小説検索
  みんなの通知リスト

Hameln
  新着を見る

Arcadia
  人気ランキング
  新着を見る
  小説検索

BBS
  捜索掲示板
  なんでも掲示板
  小説宣伝板

Help
  使い方
  サイト概要
  機種変更・パスワード忘れ
  ご注意
  よくある質問
  お問い合わせ


ネット小説更新チェック

RSS情報(23:00現在)
(11-20件)

[][][]
02/02 23:12
連載小説[魔法少女ノルトラント-エピソード2-1 SWEAT IT OUT!(汗を流せ!)①](第20部分)
「まず、高等魔法を扱うには|魔《・》|力《・》|の《・》|維《・》|持《・》が必須よ。これは貴女が最も得意とする近接戦闘にも役立つ技術だから、最初に習得を勧めるわ」「は、はい!」「それと、魔法少女…
ファンタジー-ローファンタジー [通知登録]

02/02 23:12
連載小説[短編集 女魔道士の正義-三](第3部分)
「そこのあばら家に隠れましょう。日向さんを待ちましょう」 ジェーンが肩で言う。爪が肩をえぐるほどに食いこんでいるが、文句を言えない。さもないと、こいつは風に飛ばされる。「真っ先に捜索される」…
ファンタジー-ローファンタジー [通知登録]

02/02 23:11
連載小説[異世界デパート運営記(仮)-02 デパート、変形](第3部分)
 朝、店内の隅に設営した俺の寝床でけたたましく鳴る目覚まし時計を止めて起き上がる。 ヨロヨロと厨房で朝食の準備を始める、今日は白飯とハムエッグだ。 最初、この店でも米を出そうかと思ったのだが、うど…
ファンタジー-ローファンタジー [通知登録]

02/02 23:11
連載小説[異世界ダーティーヒーロー風〜スローライフを添えて〜-第五話](第6部分)
私とレイアが川で水遊びをするだけという完璧なスローライフをやった翌日。私はレイアのお父さんとお母さんとレイアと共にお茶会をしていた。・・・・・・・・・いやー、うーんどうしてこうなったのかね。ど…
ファンタジー-ハイファンタジー [通知登録]

02/02 23:11
連載小説[ 異世界に転移した俺、魔力0だが身体能力は999!この力で愛する王女を守ってみせる。-第4話 ボディーガード/カズヒト](第5部分)
「カズヒト、君の身体能力値を見込んでヒメカの家庭教師兼ボディーガードに任命する! ヒメカのことをよろしく頼んだぞ?」「えっ、俺がヒメカ王女のボディーガードをするのですか!?」「やったーっ!! …
恋愛-異世界 [通知登録]

02/02 23:11
連載小説[急遽決まった婚約ではありますが、あなたが私の初恋です!-10](第11部分)
馬車に乗ってから重い沈黙が続いていた。恐る恐る視線を向ければ、こちらに興味がない様子のサイラス様は外を眺めている。「あ、あの、今回は、エスコートをお引き受けいただき……」「いえ、特に礼には及び…
恋愛-現実世界 [通知登録]

02/02 23:11
連載小説[訳あり王子の守護聖女-02:ここはどこ、あなたは誰](第2部分)
 目を覚ますと私はふかふかの寝台に横たわっていた。 エレスト神殿で使っていたような、板に布を敷いただけの簡素なそれではなく、天蓋付きの立派な寝台である。 首元までかけられた毛布は温かく、頭の下…
恋愛-異世界 [通知登録]

02/02 23:11
連載小説[人知れずの森に住む、恋する画家の三日間-22 知らせ](第22部分)
パトリシアは明るく、裏表のない性格の持ち主で、とても親しみやすい人だった。一人暮らしを何かと気遣い、身分の差も気にせず友達のように話しかけてくれた。仕事は、早朝から昼過ぎまでの忙しい時間帯に朝食…
恋愛-異世界 [通知登録]

02/02 23:10
連載小説[吸血鬼作家、VRMMORPGをプレイする。~日光浴と料理を満喫していたら、いつの間にか有名配信者になっていたけど、配信なんてした覚えがありません~-104.許して欲しい!](第128部分)
 自我を手放したガンライズさんは命令に反抗することもなく、全身全霊の力で僕に向かって突進してきた。 血液摂取をしていない今の僕では彼の動きはほとんど目で追えない。さすがライカンスロープと言ったとこ…
SF-VRゲーム [通知登録]

02/02 23:10
連載小説[悪評を気にせず自分らしく生きることをモットーにしていたら、何故か隣国の大公に溺愛されています-138.運命の分かれ道(ベアトリス視点)](第143部分)
 キャサリンへの処罰が下される数時間前のこと。私は他の皆よりも人足先に王城に到着していた。 国王陛下の元を訪れると、披露会の威圧感が嘘のように消え去った穏やかな姿で現れた。「国王陛下にご挨…
恋愛-異世界 [通知登録]


[][][]

[0]Homeへ戻る
copyright(c) dodat